読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮

童貞の偏見と愚痴

他人が馬鹿に見えた理由

こんにちは

他人が馬鹿に見えた理由についてです。

私は、ずっと多くの人が馬鹿に思えていました。

特に、2chTwitterをやるようになってからは、それが顕著で、馬鹿ばかりだと絶望すらしていました。

タイトルには、"見えた"と過去形にしてありますが、今でも大半の人間は見方によっては馬鹿だと思っています。

インターネット上の書き込みを見ると同様に考えている人は多いように思います。

ここでいう馬鹿に該当する大半の人間とは、ネットリテラシーが低い人や、常識に欠ける人の事です。

それでは、どのような人たちに対する認識を改めたかというと、人の発言を真似してばかりで自分で考えているように思えない人たちについてです。

もしかしたら、そういった人は、ただ伝える力が不足しているだけで、その人の頭の中では、色々な思考が展開されているのかもしれないと思うことがありました。

というのも、私自身に伝える力が不足しているように感じるからです。

ここの所、140字以上の文章を書くことが無く、相手に伝わるかどうかという事を意識する機会がありませんでした。

そして最近、文章が解りにくいと言われる機会があったので、考えを改めることになりました。(それが、このブログを始めた理由にもつながります。)

とはいえ結局、他人の頭の中身なんてわかりませんし、本当に人の意見を反映しているだけで何も考えていない人も多いかも知れません。

しかし、頭の中が見ることができない以上何を考えているかなんてわかりませんし、理由も無く人を馬鹿にするようなことは避けた方が無難かもしれません。

私も、なるべく馬鹿だと思わないように気を付けたいと思います。